【治療室より】悩みを少し遠くから眺めてみる

"女性のためのトータルケア 花猫治療室”です

GW中盤ですね(^^)
本日は〝シニア筋力アップ教室@カフェ5884″でした
近くの小金井公園は子ども連れの人たちで賑わっていました(*^_^*)
画像



治療室にいらっしゃる方たちは様々な悩みを抱えています。
・お子さんがアトピー性皮膚炎、今後酷くなったらどうしようと心配
・腰の手術をしたのに痛みが取りきれずいつまで続くのか不安
・高校受験の息子さんが勉強しようとしないので気が気でない
・精神的に不安感が強く、以前のように元気になれる日がくるのか希望が持てない

悩みがあるとそのことに意識が集中してしまいますね。
アトピー性皮膚炎の状態 、痛みの程度、息子さんの様子、不安感の強さ…
生活すべてが悩みで占められていませんか?

でも、一日を振り返ってみたらプラスの事もあったはず。
「風が気持良いなぁ」
「今日の息子は笑顔が多かったなぁ」
「料理が美味しく出来たなぁ」
毎日、悩みだけにフォーカスしているとこのようなプラスの出来事を感じることなく過ぎてしまいます。

悩みに近づき過ぎていたら少し離れて視野を広げてみて下さい。
プラスの出来事にも気が付くはずです。


「あまりに辛くてプラスのことを探すそんな余裕、全くない!」という方もいらっしゃると思います。
そう言う方は逆に自分の身体の中に目を向けてみて下さい。
心臓、胃腸、筋肉などが黙々と働き続けていてくれています!
これって素晴らしいことではないですか?


悩みを少し遠くから眺めることを習慣にしてみてください(*^_^*)

画像








★心理カウンセリング:30分3,000円。延長10分毎1,000円★花猫治療室は完全予約制です。
・あらかじめお電話にてご予約をお願いいたします。
℡042-343-1214
詳細は花猫治療室ホームページをご覧ください




この記事へのコメント

へんじゃく
2017年05月04日 20:18
患者さんを見ていると同じことを考えます。

つらさのコップにわずかでもこちらのアドバイスを
受け入れる余裕のある人にはその隙間のサイズに合わせて
こちらのアドバイスを伝えるようにしていますが、
ほとんどの人はつらさが溢れるようなひとばかりなので
聞いてあげることが多いですね(^^)
花猫
2017年05月04日 20:38
へんじゃくさん(=^x^=)/
傾聴とアドバイスのバランスは難しいなといつも感じます。
時間を掛けて少しずつ少しずつ悩みと向かい合えるようになる方が多いですね。