心のケア:カウンセリングについて(=^・^=)

2011年4月より、産業カウンセラー資格http://www.counselor.or.jp/index.html取得にともない治療室メニューにカウンセリングが加わりました

心のケア:カウンセリング 1時間 4,000円(ご希望があればカウンセリング終了後に気持ちの良い温灸を受けることが出来ます)
心のケア:カウンセリング30分+はりきゅう30分 4,000円

「鍼灸(はりきゅう)師が何故カウンセリングまでやるのか?」

・私自身の体験から必要性を感じました

・10年ほどまえに私はうつになりました。詳細はこちらの記事をご覧くださいhttp://hananeko.at.webry.info/200512/article_17.html
・全く食事が摂れなくなりました。一日かけて小さなお握りひとつ食べるのがやっとでした。
そんな時にはりきゅうに出会いました。
60歳の女性の先生でした。
治療していただいたあとだけ食事が出来ました。
先生はいつも優しく話しを聴いてくださり「大丈夫よ」と温かく励ましてくださいました。

・神経科はいつも混んでいて先生とゆっくりとお話しする時間はありませんでした。

・「女性専門のはりきゅうで治療とカウンセリングを受けられたらいいのになぁ」と思い探しましたが見つかりませんでした。

・このような経験から是非はりきゅうとカウンセリング両方が受けられる治療室を開きたいと思い、はり・きゅう師の資格を取った翌月から産業カウンセラー講座に通いました。

・カウンセラー講座では主に「傾聴」について学び、実習を重ねました。

・実習ではカウンセラー役もクライエント役もやりました。自分の話しをそのまま丸ごとじっくりと聴いてもらう経験をしていくなかで自分を好きになっていくのがわかりました。
「私はこのままでもいいのだ。自分の気持ちを大切にして自分のことを決めていいのだ。」と感じることが出来るようになりました。


まとまっていない取りとめのないお話しで結構です。
貴女のお気持ちに沿ってじっくりとお話しをお聞きします。
言葉に出すことによって気持ちが整理され、考えがまとまっていきます。
貴女ご自身で解決策を見いだせるようフォローいたします。

カウンセリングはこころの病になってから受けるのではなく「最近、こころが疲れているな」と感じた時にお受けいただくことで病の予防に役立ちます。これは、はり・きゅう治療と全く同じです。

誰にも言えない気持ちをただ聴いて欲しいという方もどうぞいらしてください。

うつ体験からのアドバイスが欲しいという方もどうぞ。

はり・きゅう師もカウンセラーも守秘義務が課せられています。どうぞ安心してお話しください。

カウンセリング終了後ご希望があれば気持ちの良い温灸を受けることも出来ます。

治療室にいらした時に緊張した“こころ”と“体”がお帰りの頃には気持ちよくゆるんでいることを感じていただけるよう心を込めてお話しをお聞きいたします。 



お電話にてご予約ください
042-343-1214
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント