【花小金井】女性のための花猫治療室(鍼灸)

アクセスカウンタ

zoom RSS 認知症ご本人たちのお話を聴いて感銘を受けました(*^^*)

<<   作成日時 : 2017/08/21 21:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

"女性のためのトータルケア 花猫治療室”です

8月6日
認知症ミニ講座を受講しました
『本人が語る認知症ミニ講座 町田市認知症とともに歩む人・本人会議
〜認知症になった私達からの提言 認知症とともに歩む、ということ〜』

5名の認知症当事者の方がご自身が認知症を発症した時の様子、お気持ち、現在の暮らしなどについて話されました

ある日突然、「頭の中が真っ白になった」「それまでと全く違う感じで確実におかしいと感じた」など、体験した方でないと語れないお話し。

発症当時は、「怖くて家に閉じこもっていた」「死ぬ病気でなく認知症で良かった」と様々な反応でした。

現在は皆さん、認知症の方が集う“本人会議”のメンバーとして、同じ気持ちを語り合える友だちがいてこうして講演会でお話しされたりとても明るく前向きに生活されている様子
画像


Aさん「認知症になって悔しいと思うことはある。
しかし、認知症になったからと言って日常は変わらない。
まだできる事はあるし、言いたいこともある。
その事を知ってくれる友や、仲間がいる。それが嬉しい。
自分の経験が役に立つなら、話す。」

Bさん「認知症では死にゃあせん。命は大切にしようや。
認知症と診断されるまでには時間が掛かった(まだ若かったのでうつ病と間違えられたりした)
認知症とわかった時、ほっとした(死ぬ病気でなかったので)
いろいろあるけど今しかないんや、今を楽しくしたいなあ
出来なくなった事多いけど、しゃーないものはしゃーないよ」

Cさんは町内会で自分が認知症である事を話しました。
すると、趣味の絵を描きに行く時に付き添っってあげますよ申し出てくれる人が現れました。
近所を歩いていると何人もの人たちが声をかけてくれるようになったそうです

画像


前向きに生きる!
失ったものを数えず今あるものを大切にする!
今を楽しむ!
これらはどんな場合にも大切なことだなと 認知症当事者の方たちとお話して感じました

認知症予防には心がけますが、認知症を発症した時にどう生きていくのかを考えようと思いました
勇気をもらえた講座でした




★花猫治療室は完全予約制です。
・あらかじめお電話にてご予約をお願いいたします。
рO42−343−1214
詳細は花猫治療室ホームページをご覧ください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは貴重な機会でしたね。

健康だと認知症になったら人生もう終わり!って
悲観しそうだけど、その途中のグレーなゾーンが
あってそこをどう生きるかが大事なんですね。
へんじゃく
2017/08/22 21:54
へんじゃくさん(=^x^=)/
そうです!さすがへんじゃくさん!
認知症は旅の始まりであって、グレーゾーンが長いって認知症の方がおしゃっていました(^^)
誰でも一度は認知症当事者の方のお話を聞くべきだなと思いました。
花猫
2017/08/24 17:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症ご本人たちのお話を聴いて感銘を受けました(*^^*) 【花小金井】女性のための花猫治療室(鍼灸)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる